FC2ブログ
勝てねぇw
廃人後、結局1週間あまりプレイ出来ませんでした・・・orz

日曜にちょっとだけ、許可もらって遊んで。
昨日仕事帰りに空いてたのでちょっとだけプレイ。

で・・・・

全国勝てね~!!
ちなみにまだ7品ですw
慣れ親しんだ猿甘寧デッキが使えなくなったのはやはり痛いです^^;
猿甘寧使わない時に使ってたのは連計デッキですからねw そっちも滅亡気味w
いやぁ・・・当時オリジナルデッキボーナスがあったらかなり加点されてたはずなのにな~^^

日曜は最近のメインだった

R孫権、R太史慈、C陳武、C凌操、UC凌統  軍師周喩

の手腕業炎デッキ。

3戦全敗でしたw

初戦の入れ替え戦。 相手はSR孫策、R孫権、R徐盛、R周泰の4枚デッキ。
援護兵からの手腕だろうと思って、業炎を自城の城門前配置。
ところが、相手は援護兵からの遠弓撃陣!・・・orz

攻め手が有りませんね・・・
騎馬が凌操だけではちょっときつい、蛮勇孫策がいればなぁ~と思いましたが仕方なし。
呉デッキの弓多めが相手の時は、自城前よりも相手の城門付近に業炎設置した方が良いのかもと思いました。

2戦目はSR王異入り飛天デッキ。
相手が舞ってうろうろするのを槍で牽制するも決めてが無く、引き分けてもつまらないので攻め上がり、なんとか良いセンまで行くもいつも王異で止められて攻城まで行けず、その隙を突かれて攻城される。
結局業炎をまた城門前に置いてたため、端攻城狙いの飛天相手に使う機会がなくお互いに陣法使わず試合終了。
飛天なんて端攻城主体なんだから、どっちかの自城端に業炎配置して、逆側から全員で攻めて逆に来た敵を焼く形にすれば良かったと反省。

3戦目は群雄ケニア。 SR呂布、高順、張遼
うまく数の差を活かせずに張遼の壁一発を最後に貰って負け。
孫桓が欲しかった・・・
3枚だと業炎の使いどころが難しい・・・こだわらずに増援にするのも手だった気がします。

結局、3戦で思ったのは業炎の配置を自城門前に置くだけではダメってこと!(当たり前ですw)
相手のデッキを見て、ちゃんと考えないと・・・
基本は相手の城門攻めを業炎焼きでカウンターで良いんですが、対策も取られてたりしますし相手の攻めや守りのパターンをデッキから推測しないと・・・ですね^^;

月曜日は ちゃぶだいさんのところで紹介されていた開幕乙デッキに挑戦^^
もともとのレシピは

UC張飛、UC甘寧、Rホウトク、C張梁、UC周倉 軍師周喩

だったんですが、乱戦回避に挑発あった方がいいかな~と周倉を張松に変更。
基本片端攻めで突っ込みましたが(開幕業炎でw)、意外と伏兵が掘れない、攻城が取りきれない・・・
いっそ城門狙いで相手城門前に業炎置いた方がいい気がします。
伏兵もその方が掘れるような感じw
なにより突撃がしやすいです。
でも突撃対策にやっぱり槍2本欲しいです。張松も有りなんだけどなぁ・・・
張飛を魏延に変えれば、車輪で突撃防げるかなその分の武力低下を周倉に補って貰う。
こっちのが行けそうかも。相手に伏兵がいなければ、業炎を守りに使えるし増援選択も出来るから助かるんですけど・・・

結局1勝2敗。開幕乙は一度も出来ませんでしたw
今度は業炎の位置を考えてもう一度チャレンジしてみたいと思います^^

スポンサーサイト



[ 2008/01/29 17:44 ]

| 三国志大戦 | コメント(3) | トラックバック(0) |
| ホーム |