FC2ブログ
一品昇格!そして・・・
<まず、先日の時報関係者で昨日の記事を読んでない方は一読のうえご協力をお願いいたしますm(_ _)m>



では本文

やっと一品に昇格しました^^

と、言っても2品の下から3分の1くらいのとこにいたんですけどね・・・w
入れ替え戦がおきて、勝ってしまいあっさりと昇格^^;

結局昇格戦まで行ったのは1回だけでしたね~

使ったデッキはずっと、開幕精兵小戦の開幕乙デッキ。

3品降格ラインからスタートして

○○○ 

調子いいぜ!!
と、思ったら・・・・

 ××× 

俺らしいぜ!!・・・orz
で、そっから、

○○(○) 

で( )が入れ替え戦。勝利して1品昇格^^
更に・・・

○○○○ 

まさかの7連勝!!w
めちゃめちゃ久しぶりなんですが^^;

そして、初の・・・・

大尉昇格戦!!

もうドッキドキですw

ま、 ×○× であっさり落ちたんですけどねww 

しかもそっから gdgd で1品の下の方まで行ってます。

試合としては惜しい試合がたくさんあって悔しいんですが・・・負けは負け仕方ないです。
どのぐらい惜しいかというと、

昇格戦の1戦目は相手の城ゲージがのこり1.5 で
昇格戦の3戦目は相手の城ゲージがのこり0.3 ですw     OTL

いずれも後1回、厳氏の舞効果が入ってくれれば勝ちだったんですけどね~
守りきれませんでした・・・
もう一押しなんですけどね。
残りの負けた試合も残りゲージが15前後の試合が3つと残ゲージ4くらいの試合が一つ。

開幕であと一回攻城取れてれば押し切れてた可能性が高いですね・・・
後は守りに香車を使ってしまうことも問題かな?
盾にする選択もあるし、士気温存して呂姫の無双までつなげた方が守りが堅くなるはずですよね。

もし次の機会があるようなら、その辺も考慮したいと思います~

スポンサーサイト



[ 2008/06/25 23:33 ]

| 三国志大戦 | コメント(3) | トラックバック(0) |
時報マッチ参加者必読!!(そしてできれば必答w)
ども、伏でございます^^


本日は、ちょっとお願い事です。

先日行われた、時報マッチにおいて明暗が分かれたマッチ数・・・ これの原因を少しでも突き詰めて、次回以降のマッチ率増につなげましょう!!

というのが今回の記事の主旨です^^

先日のマッチに参加した人は出来れば最後まで読んで、調査にご協力いただけると助かります^^;

参加できなかった人でも、私ならこうするという意見があればお願いします。


まず時報マッチの入り方として、通常は

①マッチ時刻を確認

②時刻と同時に武将登録決定

③軍師訓練を速やかに処理

④マッチを祈る

この四段階だと思います。

今回調査することによって、次回以降の時報マッチで統一したいと思っているのは

①時刻の確認

③軍師の訓練

(④マッチを祈るw(ぇ )

です。 まず①についてですが・・・

私の場合は携帯の時間を使って時計の表示が切り替わった瞬間にボタンを押します。

最近の携帯の時間って正確ですよね?(多分)

中には厳密に本当の時報を確認しながら登録決定している人もいるようです。

携帯の時間と本当の時報が微妙にずれてたりしたら、マッチ率が下がりそうですね・・・

携帯の機種や会社によっても、微妙に時間がずれてるものもあるかもしれませんし、もしそうであればネット上で時計の秒単位まで見れるようなサイトを探して全員で携帯の時間をそれに統一して携帯の時間でもって突撃という方法などが考えられそうです。

③について

これが一番誤差を産む要因ですかね・・・

私はお金払ってプレイしている以上、ついつい訓練してしまいそうですw

本来は即出陣が望ましいのでしょうが・・・
それを強制するのは、個々の方の意思を曲げそうで怖いです。

対処案としては全員が即訓練を選んで即決定。
訓練シーンはキャンセル。
のような感じで行動を統一することですかね・・・

後は④。


軍師訓練が終了したら全員、両手頭上に掲げ、手の平を上に向けて


「地球のみんな!オラにちょっとずつ元気を分けてくれ!!」


と叫ぶことに統一します!!(決定事項)

・・・・


・・・・・


・・・・・・・・



・・・・・・・・・・・・





いや、そんな目で見ても決定だから!

議長権限で決定なんだから~!! プィ!








・・・コホンッ


というわけで、①・③についての対応案を検討するために先日の時報マッチでの入り方を教えてください。


ご協力をよろしくお願いしますm(_ _)m

(一部お見苦しい点があったことを深くお詫びいたしますw)
[ 2008/06/25 01:17 ]

| 同盟会議 | コメント(8) | トラックバック(0) |
| ホーム |