スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ]

| スポンサー広告 |
もしかして三国志 Part6
今日は、ず~~~っっっっっと昔に連載してた「もしかして三国志」を某ま○いさんから復活させて欲しいという希望がありましたので、久しぶりにやってみたいと思います^^

まあ、連載と言ってもカテゴリ見てもらえば分かるように・・・・
順平侯さん以外の食いつきが悪かったので5回で中断してます。しかも最後は2月16日w

で、リクエストでもらったのは「袁紹」
20061108210305.jpg20061108210317.jpg

この人ですね^^
袁紹 字は本初 漢の名門袁家の当主ですね。
朝廷が乱れるまでは洛陽で重職についてました。乱れて国に帰ってからは名門の威光を駆使して華北一帯を支配下に治めます。
州で行くと4州目とか5州目とかその辺です。ちなみに2州目3州目あたりは幽州で公孫賛がいたりします^^
袁紹は、肥沃な土地である華北一帯を支配下におき着々と力を蓄え、当時の群雄の中ではずば抜けた勢力でした。
しかし、絶大なカリスマを持ち人材活用に優れた曹操が台頭してくると次第に激突は避けられなくなってきます。
曹操にとっても、袁紹を倒してその広大で肥沃な土地を手に入れなければ覇業をなすことは出来ません。
自軍の何倍もの勢力を持った袁紹に挑んだその戦いがかの有名な官渡の戦いになります。

この戦で袁紹は敗北し、
(裏事情としては、当時曹操のところにいた鬼神関羽(絵)が顔良、文醜を斬ってしまったり、淳于瓊が守る烏巣の大兵糧庫が焼き討ちされたり、許攸が曹操に寝返ったりしてしまったからですね^^)
その後失意のうちに病死します(後継者をきちんと決めずにねw)。

さて、「もしかして三国志」ではこんな袁紹くんを生きながらえさせる訳ですが・・・・
う~んどう頑張っても統一までは無理っぽいですねww
もしかして三国志では本来の歴史のある一地点だけに手を加えた場合に歴史がどう変わるかを妄想する企画なので、袁紹くんの人生に一カ所手を加えた位では彼を覇者にするのは難しいですww

なので、あくまでここを修正入れたらここまでは行けるんじゃね?みたいな感じですかね^^;
さて、どこをいじりましょうか・・・
とりあえず官渡までは良いとします。そこで負けなければ良いので、袁紹くんの性格をちょっと矯正w

田豊を重用出来るだけの器量があったとします^^

そうすると、田豊の堅実で慎重な献策はもともと地力のある袁紹には合致しています。
田豊なら、無理に官渡で一大決戦をする愚は犯さないでしょう。
確実に陣を堅め、補給を確保し、大勢を以てじわじわと曹操軍を追いつめて行ったと思います。
補給線が伸びきらなければ、烏巣一つ落とされて壊滅することは無かったはずです。
戦況が有利なら許攸は寝返らないでしょう(顔良、文醜は斬られたかもしれませんがw)。

いくら曹軍が精強だったとしても負けることはなかったはず。
むしろ時間はかかっても、曹操軍を打ち破っていたのではないでしょうか?
曹操を破れば北部に袁紹に比する相手はいません。
帝を迎え入れ、漢の実権を握ったでしょう、漢の名門である袁紹は帝を廃嫡して漢だからこその名門を失うようなことはないような気がしますので、西涼馬騰も反旗を翻さず、傘下に加わるかもしれません。
その辺の調整は田豊がうまくやるでしょうw

そうすると、北半分は袁紹が得ますね・・・あれ?結構行けそうw
ただ、この辺で袁紹さん寿命が切れそうwww
寿命切れたら跡継ぎに期待できない分乱れそうですね・・・そうすると圧倒的に呉が強いですね、劉備も場合によったら漢王室自体は残る訳ですから、袁紹の元で国を良くするために頑張るという選択肢もあるかもしれませんね。
そうしたら、荊州劉表は問題なく併呑ですし、劉璋も問題ないでしょう。
最終的には呉との一騎打ち・・・・

と、歴史は動くかもしれませんね^^

そんな結末の三国志 読んでみたいと思いませんか?

スポンサーサイト
[ 2006/11/08 21:11 ]

| もしかして三国志 | コメント(7) | トラックバック(0) |
<<車輪の編成 | ホーム | 関家の大爆進>>
コメント
--- ---

ブログ作ったのでリンクに登録してください。
こちらも登録しておきます。
たぬき * URL [編集] [ 2006/11/08 21:41 ]
--- ---

どうもま○いです。ww
わがまま聞いてもらってありがとうございます。ww
袁紹も頑張ればここまでこれたんでしょうかね。w
とにかく実現させてもらってありがとうございます。
まさい * URL [編集] [ 2006/11/08 21:56 ]
--- ---

袁紹が、えぇ~………。
そんなに強い袁紹ってのもイヤですが、たしかにそれくらいはいってもおかしくはないですねぇ。
袁紹の元で復興される漢王朝………。
息子達の代で終わりそうだ…………。
ひとがた * URL [編集] [ 2006/11/08 22:27 ]
--- ---

伏さんもなかなかのものですね★

なかなか興味深く読ませていただきました~♪
俺も三国志人物名鑑シリーズも全然反響が無くて止まっていますが(笑)

あそこで~だら、どうだったかな~とか考えるのは結構歴史における浪漫ですわな♪
みゆう * URL [編集] [ 2006/11/09 00:10 ]
--- ---

お~懐かしい~www
この企画が大好きな一人です。www

一先ず曹操を討っていたかどうかはともかく官渡での負けはなかったでしょうね。
袁家の問題点は軍師が豊富すぎたことでないかと思いますね。
田豊のような突出した軍師がいたにも関わらず他の軍師の運用が悪かったのに問題がありますよ。
軍師が多いなら魏のようにちゃんとした運用していたらよかったのにと思います。
折角いい武将もいたのに勿体無い。www

次は郭嘉か法正でよろ~
・・・マニアックすぎかな?www
順平侯 * URL [編集] [ 2006/11/09 01:09 ]
--- ---

面白い!!
いや~物語は知っているのですが、もしもとかは考えた事が無かったでしたね。

特に呂布がいい~
一番好きな武将なので面白かったです。
今回の袁しょうもいいですね
なかなか好きな武将なので面白かったです!
ブランドー * URL [編集] [ 2006/11/09 21:58 ]
--- ---

>たぬきさん
リンクは了解です^^
名簿の更新もしておきましたので、今後ともよろしくっすw

>まさいさん
こんなもんでよかったでしょうかw
まあ、ネタがないときには助かりますけどねw
あんまりいつもは反響ないんだけど・・・昔より読者が増えてくれたせいか今回はちょっとは見てもらえたみたいで嬉しいです^^
袁紹は地力はあるので、性格さえ直せばいいとこまで行けたんでしょうね^^;

>ひとがたさん
確かにw
息子も4男の袁尚は優秀だったらしいですよ^^
それを可愛がるあまり、ちゃんと後継者が決められずに後に遺恨を残してしまったみたいです^^;
袁紹はもっと人間的にまともならもっと歴史にかかわれたんだと思います・・・

>みゆうさん
そうですよね、歴史を変えたいと思うのは歴史物が好きな人にとっては当たり前ですよね^^
でも、意外と反響がないんですよねww
これもたまたま要望があって更新しましたけど前回は2月ですからw

>順平侯さん
おおw
なぜか愛読者の順平侯さんw
そうですね、逢紀も許攸も沮授も優秀な人材だったと思います(性格的に問題なのもいたとおもいますけどw)。
田豊なんかその最たるものですよね・・・
もったいないお化けが出そうですよw

郭嘉、法正ですか~・・・相変わらず渋いとこにネタ振りしますねw
そもそも法正ってどこで死んだんですか?
郭嘉は赤壁ちょい前に病死のはずですけど・・・

>ブランドーさん
お!
そんなに喜んでもらえるとは嬉しいですw
もしもは楽しいですよw
私はいつもホウ統を助けたくて仕方なかったですから^^
呂布は馬鹿で裏切り者的な扱いを受けてますが、北方三国志では武に生きる愚直な武人で凄いかっこいいんですよ♪
是非読んでみてください、おすすめです^^
* URL [編集] [ 2006/11/09 23:49 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://fukuryuu777.blog43.fc2.com/tb.php/344-3e03793b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。