スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ]

| スポンサー広告 |
もしかして三国志 Part7
一部ファン(?w)からリクエストがあるようですので、微妙な空気を醸しつつ「もしかして三国志Part7」を強行してみたいと思いますw

えと、今リクエストが出てるのがまさいさんからの張角と順平侯さんからの郭嘉と法正・・・

む、難しい・・・ww
そもそも法正っていつ死んだのかな?w

とりあえず今回は、後漢滅亡の口火を切ったカリスマ宗教家張角さんを救ってみたいと思います。
20061113212453.jpg

では、まずは簡単に張角の説明を・・・
張角は言わずと知れた黄巾党の頭首ですね。中国では五行(相克)の思想があって、漢の国は蒼の時代言われてました、そして蒼の次には黄色の時代がくると言ってました。
ここから「蒼天すでに死す 黄天まさに立つべし」という言葉が生まれた訳です。
では、なぜ張角はそんな大それた行動に出てしまったのでしょう・・・

それは、ある時、南華老仙という仙人から太平要術の書を貰ったからです。これにより金仙丹という薬を作れるようになった張角は民から慕われるようになり人気が上がって行きます。
これが乱れつつある世の中と微妙に時期が重なり、黄巾党が誕生するわけです(多分w)。

しかし、大きくなりすぎた黄巾党は張角の目が届かなくなり、一部は既に思想も無くただの暴徒の群れになっていきます。
そのため朝廷からは鎮圧の命令が下され、官軍が出陣することになります(これが黄巾の乱)。
このときの将軍が皇甫嵩だったり、盧植だったり、朱儁だったりします。
参加していた武将としては曹操、劉備(義勇軍)、董卓等も出てましたね^^
結局黄巾の乱は官軍の勝利に終わり、張角も張宝も張梁も戦死(張角は病死)して終息に向かいます。

さて、ここから張角を生きながらえさせる訳ですが・・・まあ、寿命を延ばすってことになると思いますけど・・・
普通に戦ったら無理ですねw
多少寿命が延びたところで、何かがどうなることはないでしょう。
このときの漢は乱れつつあったとしても、まだ統制は保っていましたし、黄巾賊が張角のもと士気高く戦い続けたとしても所詮は民兵ですからいつかは鎮圧されていたでしょう。
ここからなんとかするためには・・・

張角3兄弟には揃って落ち延びて貰うしかありません。
黄巾の乱は終息したと官軍に思わせ(いっそ影武者の死体を用意してでも)、落ち延び自分の国を持つべくこっそり布教をしつつ放浪するしかないです。
張角の強みは、兵士はその土地にあるのではなく、信仰に基づく信徒なのでどこにいても黄巾の兵だということです。
信徒なので見返りや出世は望まないでしょうし、信仰心に基づく士気はかなり高いはず・・・張角は布教することで潜在的な持ち兵を増やし、大勢力から離れたところで旗揚げをすれば黄巾の兵が一気に国に集まってくることになります。

そこで、労苦をいとわない信徒に農耕をさせ、一方で訓練をして、国力を蓄えます。
場所としては荊州南部か呉が建国される江南あたりが適当だと思います。劉表くらいしか勢力はないですし、このときは呉もまだまだ勢力としては確立してません。
肥沃な土地を信徒達で耕し、数多くの民兵を信仰によって得られる張角は一大勢力になる可能性があります。
呉の芽は摘まれてしまいますので・・・もしかすると魏、蜀、黄巾の三国志になっていたかも知れませんね^^



そんな結末の三国志・・・読んでみたいと思いませんか?
スポンサーサイト
[ 2006/11/13 21:28 ]

| もしかして三国志 | コメント(10) | トラックバック(0) |
<<昨日のリプっす^^ | ホーム | 今日はちょい報告と資産整理だけ^^;>>
コメント
--- ---

法正は蜀成立後の翌年に病気で死んでますよ。w

逆に考えるのです・・・張角がもう少し早く決起してたらと・・・
そうなると他の武将達の歳も少し若くなって全体的に面白い感じの三国志になってたかもしれないんですよね~
黄忠などの老将とかももう少し若かったわけですし、そうなると様々な戦いで他の武将達が活躍していたかもしれないってことに・・・

黄巾の最大の難点は農民だけで決起したところですかね。
他の国のこういう反乱は一部政府等を仲間にしてやってるという点に比べて農民だけだった所為で軍事戦略や政治的戦略を使えなかったのが痛いですよね。
数は多いのですし、有効利用していたら三国両立の前に黄巾が中国を征圧していたかもしれません。
ただ、黄巾あっての三国志。
リョウ化や周倉、魏の青州兵も黄巾あってこそですしね。


・・・法正が難しいとなると、断金の両名や屍パパ辺りが生きていたらってのがいいですかね?
順平侯 * URL [編集] [ 2006/11/13 21:51 ]
--- ---

自分も愛読者の一人ですが?w

自分も郭嘉の話希望です~^^
雨道 * URL [編集] [ 2006/11/13 22:46 ]
--- ---

甘甘動画も希望ですよw
早死にといえば呉の専売特許ですね^^
こまどり * URL [編集] [ 2006/11/14 00:43 ]
--- ---

張角は、配下の奴らの暴徒化を止められなかったのが厳しかったね~。力というか影響力は相当なもんだっただろうけど、やはり、賊軍になっちゃあ、中華を変えられなかったのかな~とか思っています。結局、魏武に吸収されて、強者たらしめることになったんだけれども
みゆう * URL [編集] [ 2006/11/14 00:58 ]
--- ---

張角も黄巾をもっとちゃんと御していれば話もわからなかったものを………。
ぜひ、ぜひ董卓もw
なんか全土支配してこれといっちゃ無い気もしますが(^_^;
ひとがた * URL [編集] [ 2006/11/14 09:50 ]
--- ---

三国志・・・漫画でしか読んだ事がありません。。
今この記事を読んで三国志の事をもっと知りたく
なりました。。
(;´Д`)ハァハァ

ぜひ、ぜひ孫堅もw
黄覇 * URL [編集] [ 2006/11/14 18:14 ]
--- ---

こんにちは。三国馬鹿です。
ブログを見てくださってありがとうございます。
車輪デッキは結構強いですよ。練習頑張ってください。
突然ですが、相互リンクお願いします。
三国馬鹿 * URL [編集] [ 2006/11/14 19:31 ]
--- ---

>順平侯さん
そうか^^
蜀建国の翌年なんですね・・・ベースの知識が横山三国志だから法正の死の場面がないんですよw

張角は確かにそうですね、行き当たりばったりに乱を起こすのではなく、うまく既存の太守の元で力を蓄えるのも一つの手ですね^^
信仰というのは本当に強い力なのでうまくやれば本当に三国の一つになったかもですね^^

>雨道さん
そうでしたね^^
雨道さんもブログ立てた当初からの付き合いですもんねw
郭嘉っすか・・・早死にしてるからなぁw
でもせっかくなんで、ネタのないときに必ずやりますよ^^

>こまどりさん
そうですね・・・呉はなんでみんな早死になんでしょうね^^;
甘甘動画のせたいんですけどね・・・
どこのサイトでやればいいかURLとか教えてくださいw

>みゆうさん
そうですね・・・大きくなりすぎて管理できなくなってましたからね・・・
本当に惜しいです、中には勇将と呼べる人材もたくさんいたのに・・・
それを青州で吸収したのが曹操なんですよね。
袁紹もそうですが、やっぱり人こそが基本なんですね^^

>ひとがたさん
おお・・・・
またリクエストが増えたw
これで、郭嘉、法正、董卓か・・・ネタになるのはありがたいが、結構大変なんだけどww
こんなに人気のある企画じゃないはずなんだけど^^;
でもせっかくなんでがんばりますよ^^

>黄覇さん
私も最初は漫画ですよ^^
そこから小説に行きましたから。小説は小説で面白いですから是非チャレンジしてみてくださいね。
孫堅は前にやったんですよ^^Part2とか3とかその辺で・・・
簡単にしちゃいましたけどねw是非見てみてください^^
カテゴリでまとまってますので。

>三国馬鹿さん
リンクOKです。
とりあえず先に貼っておきました。
近いうちに紹介させていただきますね^^
これからよろしくお願いします~^^

* URL [編集] [ 2006/11/14 23:50 ]
--- ---

ならば私もひとつリクエストなどを

その武将は・・・ずばり馬謖!

もしも馬謖が山頂布陣をとっていなかったら!

と思うともう涙が(ぁ
シン * URL [編集] [ 2006/11/15 01:54 ]
--- ---

>シンさん
馬謖っすかw
確かに街亭のあの戦いはもしかしたら~て思いますよね^^
結構リク多いんであれですけど、出来たら馬謖もチャレンジしてみますね^^
* URL [編集] [ 2006/11/15 21:22 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://fukuryuu777.blog43.fc2.com/tb.php/349-1b6f105a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。