スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ]

| スポンサー広告 |
もしかして三国志Part9
ネタ今日も今日とてネタがないので一応、最後の宿題となっていたもしかして三国志をお届けしたいと思います^^
最後の宿題は順平侯さんからの課題で
20061105212426.jpg

法正さんですね。字は孝直
もともとは益州の劉璋に仕えてましたが、後に劉備の臣下になります。

法正さんに関しては実はよく知らないんですよね・・・w
光輝三国志だと、劉備の入蜀の際に孟達、張松らと劉璋を裏切って(一応国を思ってのことですよ^^;多分・・・)劉備を手引きします。

その後は定軍山で夏侯淵と戦った際にはその軍略で黄忠や厳顔に献策し夏侯淵を打ち破るという場面があります。光輝だとそれだけですし、他の小説とか読んでもあんまりクローズアップされないので・・・

なんで、wikiの人物紹介の方から引用しまくって紹介しますね^^

前述のとおり法正さんは劉璋に仕えてました。有能だったんですが献策は劉璋にほとんど用いられなかったようです。後になって、法正は自分を用いない劉璋では蜀の地(益州)を守り切るのは難しいと考え、張松らと共に劉備の入蜀を計画し攻略に協力しました。

劉備の勝利後は、劉備の腹心として多くの献策を行い、この時の官職は諸葛亮よりも上位のものであったそうです(びっくりw)。

劉備の傍らには常に法正さんがいて、諸葛亮は劉備の遠征時などに後方の統治や補給を担当していたようです。

定軍山の戦いでは効果的な献策を行ない、黄忠によって夏侯淵を討ち取らせます。私が知っている中で一番の見せ場ですね^^でも光輝だと裏では諸葛亮が献策してた・・・みたいになってるんですけどね^^; 

劉備が漢中王に就いた翌年に45歳で病死したそうです。劉備は法正の死を大層嘆き、自ら法正に翼侯との諡を与えました。
劉備が与えた諡号は後にも先にもこれだけだそうです。まあ、劉備存命中はあまり主要人物は死にませんでしたから(関羽や張飛は別ですよw義弟達にそんな号は送りたくないでしょうし、黄忠さん死んだあたりはそれどころじゃなかったでしょうしね・・・)。

夷陵の戦いで劉備が大敗した時、この報を聞いた諸葛亮は「法正がおれば、主上(劉備)の東征を止められただろう、もし東征を行なったとしても今以上の危険と損害は最低限は避けられていただろう…」と優れた軍略を持っていた法正の死を嘆いたそうです。

また、呉に大敗した劉備も(夷陵の戦い)の敗戦後、「法正が生きておれば…」と嘆いたと言うから驚きです4/8伏兵、挑発は伊達ではありません^^

さて・・・前置きが長くなりましたね^^;・・・じゃあ法正さんの病を治してみましょう。

漢中王になった翌年ですか・・・蜀の全盛ですね。五虎将揃い踏みで孔明・法正がいて漢中から蜀一帯を領土にして鷂州ではまだ関羽がその地を治めてました。

関羽が呉に敗れるのは荊州と漢中の2面作戦で魏を攻める作戦を実行中の時でした。
もし、この時法正が生きていて、前述の通り重用されていたとするならば・・・法正か孔明が荊州に赴き、軍師として従軍していたんではないでしょうか?可能性としては劉備と共に漢中からの軍に法正が同行し、孔明は成都で補給の指揮等の後方支援というのも高いと思いますけど・・

仮に優秀な軍師が1人関羽の負担を和らげていたならば、呉に遅れを取ることはなく、取ったとしても関羽が討ち死にすることはなかったと思います。両面作戦は失敗して鷂州を失ったとしても五虎将は欠けることはなかったのではないでしょうか?

関羽さえ元気なら張飛も死なないし、無理な出征で黄忠が死ぬこともなかったはずです。人材さえ残っていれば、まだまだ三国時代は続いたでしょう。

仮に関羽の死を止められなかった場合、劉備を止められればまた変わっていたでしょうし、止められずにいても一方的な大敗はなかったかもしれませんね。
しかし、それでは歴史の流れを大きく変えるまでには至らないでしょうね・・・関羽が死んでしまった以上張飛は収まらないでしょうし、張飛の激情溢れた陳情は結局いずれは劉備を出征に決断させたはずです。大敗を抑えたとしても失意の劉備が病になることは避けられないでしょうし、蜀としての命数は延びるでしょうが・・・結局は史実に沿った結末になったと思います。

関羽の死を止める!!

法正がそれを出来たとしたら・・・

歴史は蜀に傾いていたと思います。



そんな結末の三国志・・・読んでみたいと思いませんか?
スポンサーサイト
[ 2006/12/05 23:36 ]

| もしかして三国志 | コメント(6) | トラックバック(0) |
<<プレイしたい~^^; | ホーム | 新規リンクの追加としつこく時報告知w>>
コメント
--- ---

法正が長生きしていたら、イリョウの敗北はなかったかも、ということは呉を平らげて天下統一みたいな夢も見ますな(笑)

士元と考直両方失ったのがね、、、、
みゆう * URL [編集] [ 2006/12/06 03:13 ]
--- ---

ホウ統を忘れられては困りますw

孔明さんが関羽さんの所を訪れるたびに
「ホウ統が居れば・・・」
と嘆いたらしいです。それに関羽さんも蜀攻略の後に一緒に杯を交わす約束をしていたそうな。

ホウ統さん・・・(´・ω・)
龍火 * URL [編集] [ 2006/12/06 22:03 ]
--- ---

横山三国志を読むと諸葛亮がかなり活躍してるんですが、法正もすごい人物だったんですね!

法正、諸葛亮、ホウ統、徐庶がいたら、かなり歴史が変わっていたんでしょうね~
ブランドー * URL [編集] [ 2006/12/06 22:38 ]
--- ---

>みゆうさん
法正がそんなに重要人物だと認識してなかった不届きな伏ですww
法正がいれば夷陵の戦い自体がなかったかもしれないですね^^

本当にホウ統があんなところで戦死しなければ蜀の勢力図は大きくかわってたでしょうね・・・
蜀制圧後は、荊州に戻り、関羽と共に要衝の守りについたはずですから・・・(このへんはもしかしての1で愚痴ってますw)

>龍火さん
忘れてないですよ^^
ホウ統さんはもしかしての1で既にネタになってるんですよw
私が一つだけ歴史変えられるならホウ統を助けますよ~^^
本当に惜しい人物を亡くしました・・・
カテゴリから是非前のも読んでくれたらうれしいです^^

>ブランドーさん
そうなんですよ今思うと光輝は孔明びいきですねww

確かにその4人がいたら魏に負けない人材量ですよ^^
あっさりと統一してたかも・・・ですねw
そう、うまくいかないのが難しいところであり、歴史の面白いところなんでしょうね^^
* URL [編集] [ 2006/12/07 00:07 ]
--- ---

遅れたけどこの企画だけはコメントさせてください・・・orz
頼んでおいて申し訳有りません。

法正はほんとうはすごい軍師なのに結構隠れちゃってるんですよね~
個人的には郭嘉と同等ぐらいと思ってたり。
ホウ統がいなくなった分法正は大切な軍事的策士だったというのもあります。

夷陵の戦いの所為は攻め方に問題が多々あったから、軍師である法正がいれば意見を聞いてたと思う。で、そのおかげで孔明の読みどおり無駄な大敗は無かったと思う。
確実に劉備をかばった白眉馬良さんは死ななかったでしょうね。www
だから法正の生存=馬良の生存なんですよ。
後半軍師不足と言ってもいい蜀には欠かせない人材の両名の死は蜀にとって解り易い破滅の道へ進んでいたと言えるでしょうね。

法正、ホウ統の軍事策士と孔明、馬良の義兄弟の内政策士。
もうこれは蜀の鉄板といえるでしょうね~
この蜀がいたら一番面白かったでしょうね。

ところで孔明、馬良の義兄弟話は知ってましたか?www
順平侯 * URL [編集] [ 2006/12/07 03:51 ]
--- ---

>順平侯さん
おおw
私も気づくの遅れたww
せっかくなのに順平侯さんのコメントなくて寂しいなあと思ってたんですよww
法正は調べれば調べるほど出来る子だったんですね・・・
もっとクローズアップしてくれればいいのにw
馬良と孔明義兄弟?!!
知らなかったですよ^^;
そんな設定は出て来ないっすよ・・・あいかわらず物知りっすね。
結構知ってるつもりだったのに、まだまだだったんだなぁ・・・といつも思わされますww
* URL [編集] [ 2006/12/08 00:10 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://fukuryuu777.blog43.fc2.com/tb.php/371-8b043dc2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。