スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ]

| スポンサー広告 |
もしかして三国志 Part1
(2006/1/1分です)
さて、なんとなく始めてみた第一弾。
そもそもこのコーナーは、三国志の物語を第三者的に見て「ああっ!このときここがこうなったらああなってこうなったのに~」(意味不明w)
みたいな葛藤をぶちまけてみようというコーナーです。

ちなみに月刊マ○ジンという雑誌で連載している漫画に現代の高校生が三国時代にタイムスリップしてしまい、そこで死ぬはずのない徐庶を死なせてしまい、新野を攻める魏軍を徐庶の代わりに火計で焼くというところから始まるものがあります。
連載当初はかなり興奮して読んでました。
なので、一度だけ歴史に介入できるとしたら・・・ということで妄想してみます。
この妄想に、突っ込みを入れるもよし。共感してくれるのもよし。僕なら私なら~みたいなのも大歓迎なんで、コメントあると嬉しいです。

んで、第一弾はホウ統さんを救ってみたいと思います。84ac92a2.jpg
実は演義のファンの私は蜀びいきなので第一弾はやはり、蜀を優位にしてみたいと思います。
いろいろ、ここだー的なのはありますが私が一番変えてみたいのは・・・ずばり
「落鳳破の悲劇」です。

天下三分を成すために荊州から益州へ攻め込む劉備軍・・・出発前に暴れたホウ統の馬を劉備が自分の馬と取り替えたために、落鳳破に伏兵していた張任に劉備と間違えられて討たれてしまいます。
もし、ここでホウ統が死なずにいたとしたら・・・
漢室の復興は成ったかも知れません。
私の妄想では、益州を平定したのちホウ統はおそらく関羽と共に荊州の守りについたはずです。
成都で劉備と諸葛亮が、荊州で関羽とホウ統が・・・この形さえ出来ていればおそらく荊州の陥落はなかったと思います。
ホウ統がいなかったため、荊州を守る関羽にはあまりに大きすぎる責務がのしかかっていました。軍事、内政、外交、治安全てを一人で管理していたのではないでしょうか?
このうち、内政と外交をホウ統が見ていてくれたならば・・・呉とあそこまで決裂することも、陸遜に裏をかかれて麦城で討ち死にすることもなかったのでは・・・
関羽が討ち死にしなければ、張飛も黄忠も死なず、劉備の寿命ももっと長くなっていたと思います。

そんな結末の三国志。読んでみたいと思いませんか?
スポンサーサイト
[ 2006/01/03 01:23 ]

| もしかして三国志 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<2006初陣行ってきました~♪ | ホーム | 明けましておめでとうございます。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://fukuryuu777.blog43.fc2.com/tb.php/5-a65a1881
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。