スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ]

| スポンサー広告 |
ちょっと真面目な話
ちょっと真面目な話をしてみようと思います。

やや説教臭く見えたり、受け取り方によっては不快に感じる方もいらっしゃるかもしれないので、そういう感じが嫌な人は今回の記事はスルーをお願いしますm(_ _)m

内容はオンとオフにおける人との付き合い方?

みたいな感じです。
あくまで私がこれまで生きてきた人生経験上で感じたことを主体とした極々私的な意見です。
この意見や考え方について「それは違う!」「おかしい」と感じる方もいるでしょうが、ある一つの考え方として、「こういう考え方をする人も世の中にはいるんだ」と思っていただければ、あまり書きたくもない&読んでても面白くない記事を書いた意味もあるのかな・・・と、思います。


では続きから
今、私はインターネットという特殊な世界の中でこの文章を不特定多数の方に読んで頂くために記事を書いています。

インターネット社会は、そこに居ながらにしてたくさんの人達と知り合えるとても便利な社会です。

私も、ここでしか知り合えなかった人たちと交流を持つことが出来たことは本当に嬉しく思いますし、人同士のつながりは人生の財産でもあると思っています。

しかし、この社会では基本的に顔は見えません。
文字だけの社会です。

文字は本当に多種多様な表現が出来るとても素晴らしい文化です。私は文字という文化が大好きですし、面白い物語や大切な気持ちを伝えてくれる文字に感謝すらします。

しかし、一方で文字は書き手の意思に関係なく読み手のそのときの気持ちや読み方により、本当にさまざまな意味を持ってしまうのも確かです。

インターネット社会では文字の交流がコミュニケーションのほとんどを締めるため、文字を残す時は読んだ方が不快な思いをしないような最低限の注意をする必要があると思います。

勢いで口から出てしまう言葉は一度言ってしまえば、取り返しは付きませんが文字ならば送信ボタンを押す前に自分で読み返すことが出来るはずです。
感情に任せて書いた文章を一度自分で読み返せば、それを読んだ方がどう感じるか・・・
それが分かることもあると思います。

例えば、「ばーか」という書き込みをしたとします。
あまり親しくない方が読めば、不快以外のなにものでもありません。
ですが、ある程度親しい方相手ならば「ま~たあいつがあんなこと言ってるなw」と冗談を冗談で受け取ってもらえます。

しかし、その線引きはとても難しく、どこまで行けば親しくて、どこまではそうじゃないのか・・・これは付き合いを続けていくうちに少しずつ線を引いていくしかないんだと思います。

「自分はもうあの人を親しい友達だと思ってるから、このくらい言っても平気だろう」

私も、よくそう思って対応することがあります。
ですが、相手が本当にそう思ってるかは相手の方だけが知っていることです。
自分がどんなつもりで言ったにせよ、その言葉が相手を傷つけていたとしたら・・・

私はなるべくそういう想像力を働かせることのできる人間になりたいと思っています。
(実践できているかは微妙ですが・・・)

これは、オフの時の対人関係にも言えることです。
ただリアルな人付き合いの場合は雰囲気や表情、身振り手振りなどで自分の言葉の意味をより正確に表現できるという違いはあります。

文字だけで見たら悪口にしか見えないような言葉も、しぐさや表情、話し方によってそれが悪意のあるものなのか冗談なのかを判断しやすくなります。
しかし、中にはそういった言葉以外の表現が苦手な方もいます。

見かけが強面で口調がぶっきらぼう、でも内面は全くそんなことはない・・・
そんな方もいますし、いつもニコニコ、物腰柔らかな人でも内心はいらいら・・・
そういう不器用な方も中にはいると思います。

本来は長く付き合っていくうちにその人の性格や、話し方などを理解していくんだと思います。もちろん理解していく過程でうまくいかなくなってしまうことも多々あります。
それはそれで仕方のないことですし、どちらかが悪いと言いきれるような状況もあるでしょうが、ほとんどはどっちが悪いと言えるような簡単な問題ではいのかなと思います。

本当はこの記事は、ちょっと喧嘩してしまっている私の知人達に向けて書こうと思ったものです。
本来の下書きには知人達に向けた説教じみた苦言がつらつらと続いていたんですが・・・・
やはり深い事情を知らないまま、それを言うのは失礼にあたると思いましたので掲載を控えさせていただきました。

ただ、ひとつだけ。

その知人達も含めて、大戦を通じて知り合ったインタネット社会の友人達は本当にひょんなことから、知り合えた人たちで私にとっては得がたい人たちです。

リアルだってネットで知り合った人だって、長く続けていくうちに連絡が無くなっていく人はいます。

でも今も連絡を取り合える人達がいる・・・それはありがたいことです。
私は、既に社会に出て10年以上経ちます・・・交友関係はたまに連絡を取る古い友人たちと職場関係の人ばかりです。

若い人達と知り合えたり、いい年こいてゲームやアニメの話で盛り上がれたり・・・そんなつながりがあることはなんだかこっぱずかしいですし不思議な感じもしますがちょっぴり自慢でもあります^^

できれば、雛連モットーである「まったり」「仲良く」をこれからも(もちろん雛連じゃない知り合った人みんなとも)やって行きたいと思ってます。

長文にお付き合いくださりありがとうございました。
一部適切ではない文章や表現があったかもしれませんがご容赦ください。
スポンサーサイト
[ 2008/06/16 22:44 ]

| 私事 | コメント(4) | トラックバック(0) |
<<お遊び企画を考えよう(^^) | ホーム | ARIZONEデッキ?w>>
コメント
--- ---

文章を書くというのはホントに難しく怖いことですよね
実際ブログなんてのは

「ネット上に公開されている一個人の考え」

でしかないんですから、不快になるならばその窓を閉じればいいっていうだけでもあるんですがね・・・。
ただ、それがオフでも会うような人とかだと、そうはいかないんでしょうね。
せっかくならネット上で知り合ったとはいえ、同じ趣味を持つ人なんですし、長く関係を持っていきたいものです。
親しき仲にも、礼儀あり、なんですよね。
長文失礼しました
ひとがた * URL [編集] [ 2008/06/17 11:17 ]
--- ---

>ひとがたさん
お久しぶりです(^^)(笑)
全くその通りだと思います。
発信する側もしっかりとしたマナーを求められます。しかし、表現が苦手な人もいるわけで…受け手側も最大限善意に解釈してあげる度量というか余裕を持って欲しいと思います。
せっかく出来た縁を切らさないためにも双方にお互いを理解しようとする努力は必要なんだと思います。
こんな記事を最後まで読んで頂きありがとうございましたm(_ _)m
伏 * URL [編集] [ 2008/06/18 16:28 ]
--- ---

まあ、、、なんと言うか。

その言われた友人さんも、相手が冗談だったってことは分かってると思うのですよ。w
ただ、それが防波堤超えたというか、コップから溢れたというか。
親しき仲にも礼儀あり、、とでも言うのでしょうか?w
って言おうと思ったらひとがたさんに言われとるwww
、、、まあ、そんな感じだったんじゃないかと自分は思います。自分はね。w

でも結局はやっぱり、一言くらいは謝って欲しかったんじゃないのかなあ。
ちゃんと向き合ってくれれば、、じゃないのかな?伏さんの友人さんw
うさぎさん * URL [編集] [ 2008/06/19 01:01 ]
--- ---

>うさぎさん
もしそうだとすればなんとなく、想像してたこじれかたに近い気がしますね…
本来記事に載せようとしてのせなかった「友人達に宛てた苦言」も公開しておけばよかったかな?
それぞれに下書段階の文を丸々メールとかも考えてたんですがね…
どちらにしろ二人の間では決着した問題なんだと思うので、今後はここを最後に公開の場では一切蒸し返さない方がいいでしょうね…
当事者の方がこれを見て後学のために下書見たいとか言うならメールで知らせてくれれば送ります。
ただし、読んで腹立てて絶縁とかは勘弁してください(^_^;)
一応二人のためを思って全力で書いたものなので…
(自己満足と言われれば全くそのとおりなんですがね…滝汗;)
伏 * URL [編集] [ 2008/06/19 12:35 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://fukuryuu777.blog43.fc2.com/tb.php/725-5b2f1f90
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。